【不正出血.com】〜原因について〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huseisyukke2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは不正出血の原因について、詳しく説明しています。

女性の半数以上は不正出血を経験していると言われています。その多くがホルモンバランスの異常によって起こるものですが、不正出血の原因が他にも多くあります。不正出血の原因は大きく分けて以下の4つに分類されます。

@性器が傷付いて起こる出血
性器が何かしらの原因によって傷付き、その傷から出血するものです。特に性交によるものが多く、代表的な例が処女膜裂傷です。こういった場合は本人の自覚がまずありますので、病院で診てもらうことも少なく、安静にしていれば傷が塞がって自然治癒することがほとんどですので心配する必要はありませんが、身に覚えがない場合は病院で診てもらうようにしましょう。

A妊娠による出血
妊娠時にも出血が起こることがあります。着床時出血というもので、受精卵が子宮内膜に着床する際に起こる出血で、これには個人差があり出血しない人も居ます。他にも流産や子宮外妊娠によっても出血することがあります。

Bホルモンバランスの異常による出血
ホルモンバランスが崩れることで起こるものが最も多い原因で、不正出血の半数以上がこれによるものとも言われています。特に生理が始まった初経辺りの方や、閉経が近付いている更年期の方に多いのが特徴です。

C病気による出血
子宮の病気によっても出血が起こることがあります。子宮筋腫や子宮頸がんなどが挙げられますが、これら子宮の病気は放置できない病気がほとんどです。早い段階での治療が必要となりますので注意しましょう。


⇒ 生理前と生理後

⇒ 妊娠と出産

⇒ 流産と中絶

⇒ 子宮筋腫

⇒ 子宮頸がん

⇒ 子宮内膜症

⇒ 更年期障害


sponsored link



copyright©2013  【不正出血.com】〜原因・茶色・止まらない〜  All Rights Reserved