【不正出血.com】〜流産と中絶〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huseisyukke2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは不正出血の原因、流産と中絶について詳しく説明しています。

妊娠中の不正出血は切迫流産のサインとして現れることがあります。切迫流産とは流産が切迫している状況の事で、流産してしまう恐れがある状態です。最悪の場合は既に流産してしまった結果の出血かもしれませんので、妊娠中の不正出血には敏感に反応するようにし、すぐにでも病院へ向かうようにしましょう。

また流産後の不正出血は、流産の結果が自然妊娠中絶の場合であっても、稽留流産による子宮内容除去術を受けた場合であっても起こります。
どちらにしても流産後は精神的にも肉体的にも相当のダメージを受けていますので、しばらくの間は安静にしなければなりません。不正出血も十日以内は続いてもおかしくないので、その期間は体調も安定しないでしょうから、出来るだけ休むようにしましょう。

しかし不正出血が長期間続く場合や、色がどす黒かったり臭いが強いといった異常がある場合は、子宮内感染症などの病気の可能性もあるので早めに病院で診てもらうようにしましょう。


⇒ 生理前と生理後

⇒ 妊娠と出産

⇒ 子宮筋腫

⇒ 子宮頸がん

⇒ 子宮内膜症

⇒ 更年期障害


sponsored link



copyright©2013  【不正出血.com】〜原因・茶色・止まらない〜  All Rights Reserved