【不正出血.com】〜生理前と生理後〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huseisyukke2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link






ここでは不正出血の原因、生理前と生理後の出血について詳しく説明しています。

性器から出血があったので生理が来たと思っていたら、少しして治まってからまた生理が来たという経験はありませんか?これは月経前出血で、生理前に少量の出血があることを月経前出血と言います。多くはホルモンバランスが崩れた時に起こる一時的なもので、病気でもなければ特に心配する必要もありません。ですが、ホルモンバランスが崩れる原因は疲れやストレスですので、あまり体調が優れないことがほとんどでしょう。

また生理後にも出血がある場合があります。通常生理は約1週間続きますが、場合によっては3日程で終わることもあれば1週間以上続くこともあります。しかし、いったん生理が終わった後にすぐ出血があった場合は、不正出血と考えるべきでしょう。こちらも生理前と同じくホルモンバランスが崩れることで起こる一時的なものがほとんどです。

しかし生理前と生理後共に、不正出血が頻繁に起こるようであれば注意が必要です。子宮の病気によって起こる出血であれば、早い段階で治療を行う必要があるでしょう。


⇒ 妊娠と出産

⇒ 流産と中絶

⇒ 子宮筋腫

⇒ 子宮頸がん

⇒ 子宮内膜症

⇒ 更年期障害


sponsored link



copyright©2013  【不正出血.com】〜原因・茶色・止まらない〜  All Rights Reserved